Two Pieces of Cake

近況、音楽のこと、気づいたことや思いついたことなど

スポンサーサイト

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告


「日

2009/10/28 Wed.

常」5巻を読みました。中之条が寺で悪霊になった日と、安中さんが公園で理不尽極まりない流しそうめん体験をした日と、みおちゃんの漫画がゆっこ・麻衣ちゃんに蹂躙された日と、高崎先生が商店街で桜井先生・ゆっこ・中村先生に会った日と、カラスが阪本のスカーフを持っていった日と、教頭先生が泥団子で倒れた日は、同じ土曜日で、教頭先生の家のカレンダー(月曜始まり式)を見ると31日まである月の24日だと分かります。半袖の人も長袖の人もいるので3月か5月か10月ですが、この日よりも後に、三人組が寺に立ち寄って「春の」雨に打たれていることから、3月か5月に絞られます。
3月24日だとしたら寺の回の頃には進級しているはずですがその様子はなく、5月だとしたら既に中間テストや期末テストが実施済みであることと矛盾します。導き出される結論はただひとつ、この漫画がサザエさん時空の影響下にあるということです。

スポンサーサイト

分かる人だけ分かれ | Comment (2)


2009/07/10 Fri.

回の更新「残酷な天使のレーベ」があまりにも高度に完成された美しいネタであるため(何が美しいって、ルザミを南米に入れれば全大陸制覇したことになるのです)しばらく控えていた、久しぶりとなる分かる人だけ分かれカテゴリーの更新です。
ぱにぽに12巻読みました。

150話
・最初は映研か演劇部の企画ネタかと思ったのです。しかし姫子がいつまでも出てこないので、これは夢ネタに違いない、最後にはい実はわたしーとか言うに違いない、と思ったのです。もう1巻越しの天丼など慣れとるわい、と思ったのです。そしたら8巻越しの天丼だったので、僕は氷川へきるさんの手の上で踊らされていただけだったのです。まさかここでこれか。
・ちなみにこの回は多数の登場人物がいる中編ですが、雅ちゃんがいるのに望ちゃんがいないのは何故かというと、姫子は望ちゃんを知らないからです。

153話
・姫子は無人島でキノコを食べた時は天使が見えていたくせに、画面のバグリ方は露骨におぞましくて笑いました。
・ベッキーは2コンのマイクに何と叫べばいいかは知っているくせに、メガドライブの「ああ播磨灘」は知らないと見えます。さすがに天才にも限度があるのでしょう。

156話
・「細いトコロにはさまりましたー」という表現が軽くツボです。このジャージの女性、まろまゆ1巻に出てきた「ゲームじゃねえ ゆめりあだ」の人と同一人物なのですね。

158話
・都が着替えて戻ってくることで発動するドッキリであるのならば、その原因を作った南条、ひいては南条が牛乳を噴く原因を作った黒板の落書きの主を含む全員が仕掛人であることになります。当然ベッキーが音信不通になるのも計画済みなので、ベッキーは迷子でもなんでもなく、一人コントをしていることになります。すべては都を騙すためにです。なんで都か?都とはそういうキャラだからです。
・まさかの「画:あらゐけいいち」に不意をつかれ爆笑しました。まさに自由。まさに大工。
・由香の後ろの黒板に「ゲレゲレ」。そういうのはだっしゅ!でやってください。
・生徒会マスコットキャラクターコンテストは事情により中止になったのに、未だに三角のものをかぶっている生徒がいます。芹沢が気に入ったからというより、氷川へきるさんが気に入ったからだと思いますが、6号さんにかぶせるとそこはかとなく哀愁が漂います。まあ6号さんとはそういうキャラなのですけれど。

159話
・お、終わりおった。

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


2009/03/19 Thu.

酷な天使のレーベ
窓辺から やがテドン ジパング
ほとランシール 熱いパトスーで
思い出を ルザミるダーマ

この宇宙を 抱いてカザーブ
少年よ シャンパーニなれ

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


2009/03/16 Mon.

ましまろ6巻読みました。とても面白かったセリフや興味深いセリフとその雑感を書いていきます。

千佳「目ぇつぶっとるからじゃワリャア」
・千佳ほどのツッコミの人にとってツッコむことはもう脊髄反射といいますか、病気です。休めというのが無理な話なのです。笑いに対する貪欲さは美羽以上なのかもしれません。
美羽「マイク・ハンガー」「名前」
・僕はこれ大好きです。野口さんにはハマらなかったみたいですが。
アナちゃん「ふざけんじゃないわよ」
・アナちゃんのツッコミはデフォルトで愛が無いのです。
・このコマで見切れている千佳は思い切り吹いていたのではないか、と勝手に想像しました。なぜなら千佳は繰り返しのボケやシュールで静的なボケより、瞬間のインパクトのある動的なボケにツボを持つからです。なごみのポーズなどの。
茉莉ちゃん「これじゃないよみうちゃ~ん」
・じゃあとれよ。
千佳(ミョイーン)美羽(カシャ)
・美羽がミョイーンの体勢に入ってから携帯を取り出してカメラを起動させてシャッターボタンを押すまでのけっこう長い時間、千佳はミョイーンしっぱなしだったことになります。こいつアホです。
美羽「イオンセソナムンソソナモン」
・浜ちゃんと松ちゃんの誕生日を千佳と美羽に反映させるほどのばらスィーさんなのでごっつええ感じネタに意外性は無いですけれど、こづれ狼をチョイスする点がステキです。
美羽「メイター」
・これすごいですよ。実際は当然ばらスィーさんが机上で練り上げたボケであるはずです。しかしこれは全くもって、無茶ブリから生まれた咄嗟のボケにしか見えません。普通は練ってしまったらこういう「咄嗟感」は出ないです。「メイター」にはならないです。稀有なセンスだと思いました。
美羽(エキゾチック センター おもち)(エターナル コーナー おもち)
エキゾチック要素とエターナル要素が少しも反映されていません。おもちがセンターかコーナーかの違いしかありません。エキゾチックとエターナルは美羽にとって「知ってるけど意味不明な単語」であることがわかります。
千佳「だって みっちゃん言いだしっぺのくせに全然考えないんだもん!」
・そう言ってはいますが千佳はノリノリだったに違いありません。
・「てんどんが多かった」のは恐らくそのせいでしょう。千佳は天丼にはあまりツボを持っていませんが、それは自分の引き出しの中にすでにあるからだ、ということも考えられるのです。
・「インド人の写真飾ったらカレーを作らんといかんのか?」とか、「で バターをのせたものがこちらです」とかはいかにも美羽的なセンスなので、彼女が担当した箇所かも知れません。
よつば「ビーッ」
・なにやってんだ。
千佳(シャクレてる)(12号だからシャクレてる)
・千佳的にはもうここまでくるとツッコまない方が面白い、という判断だと思います。
・それからこの回は、全体的に茉莉ちゃんがとてもいい味出してます。
伸恵「いや まぁ・・・あたしが悪いんだけどね」
・切り替え早っ!!

どうでもいい点を書いていきます。

・美羽の蘇生に際してアナちゃんだけ一言も喋ってないし、アナちゃんの帰国に際して美羽だけ手ぇ振ってません。
・6-2担任が持っているのが、たぶん指示棒でしょうけれど、美羽をシバくための棒に見えて仕方がありません。
・アナちゃんは、年上が漫才してるときは携帯置いたほうがいいと思います。
・さたけが美羽に懐いています。あとドラクエ8の主人公にさたけという名前が妙にマッチしている気がしました。
・スフォルヴァ騎馬像ではなく、スフォルツァ騎馬像です。
・コッポラという単語が一度も出てきませんでした。

分かる人だけ分かれ | Comment (3)


2009/03/03 Tue.

にぽに11巻読みました。
・この巻で起こった衝撃的な出来事として、僕は何よりもまずミカエルと姫子が手を組んだことを挙げたいです。何が衝撃的って、姫子のキャラが新たな段階を迎えたことになります。
まず1話の時点から「姫子はボケキャラである」というテーゼがあったわけです。そして39話(ミカエル2回目の登場)でやりたい放題のミカエルに振り回される姫子が描かれ、「姫子は夢の中でツッコむ」というアンチテーゼがここで生まれたのです。その後姫子の夢の話はシリーズ化され、ミカエル・夢子・ミイラらの活躍によって、ジンテーゼ「姫子は現実ではボケで夢ではツッコミのキャラ」が定着するに至りました。ミイラのとき(128話)なんか5ページで13回ツッコんでますからね。
この段階で姫子のキャラは完成したと思われていた矢先に、ここに至っての新たなアンチテーゼとして、ミカエル・姫子のダブルボケです。しかもこの話は6号さんのオブジイヤーネタ(103話)の続編だとしか思えないフリを経てからのそれなので、なお混沌とした流れになっています。僕ですら甘く見ていました、ぱにぽにのフリーダムさの真骨頂を。
正直このフリーダムさがこの漫画を人に勧めづらい一因でもあるのですけれどね。

・初の上級生クラスの風景が描かれたのも特筆すべきことです。バカキザからトラブルメーカーに昇格した高瀬、流れに逆らわない篠原、若干姫子とかぶる天堂さん。巻き込まれてゆく朝比奈委員長。2-A濃ゆいです。1-D、1-Cに次いで濃ゆい。

・裏表紙は見た瞬間笑いました。氷川へきるさんはこういうマスコット的な変な物をデザインする発想力の方向が奇抜すぎです。

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


「日

2009/01/27 Tue.

常」4巻を読みました。この巻のエッセンスが凝縮されたような表紙を見れば分かる通り、前巻からの引っぱりや長い長い天丼があったり、ある回の細かい要素や背景が他の回とリンクしていたりと、噛めば噛むほど味が出てくる巻でした。

・TENGOの鼻がシースルーです。完全に輪郭を先に描いている。
・ガムランやらティンホイッスルやらパチカやら、この高校マイナー楽器の需要が高すぎです(ちなみにテクノリオンでなくテノリオンという楽器は実在します)。
・ヘルベチカスタンダードCDドラマ化してたんだ・・・。
・教室の椅子の下に回路ショート君が転がってるように一瞬見えましたが、これはこけしですね。そもそも回路ショート君って。完全にスタンガンだ。
・多発してるカラス完全に麻衣ちゃんが手なずけてます。3巻よりも出番は減ってますが、この人はもう背景ポジションでも充分やっていけるでしょう。
・サッカーネタも地味に多いようです。OFFヘッセリンクもそうでしたし、アリアディエール、クリスティアンキヴなどの単語も確認されました。僕は詳しくないので見落としもあるかもしれません。
・玉村さんの後ろの棚にあるコーヒーの袋の「御予約 中村かな様」は恐らく中村先生のことだと思います。大工コーヒー常連っぽいしイニシャルKNだし。
・みさとの部屋の本棚に貼ってある写真は恐らく、というか完全にみお姉でしょう。国体でたらしいし。
・忘れた頃にUSI持ってくるのは反則です。ヒドすぎだ。
・アンケイトハガキまで面白かったです。なぜすこしずらす必要が。
・アジスアベバ!!!

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


2008/12/14 Sun.

つどもえ6巻読みました。出るのが早くて嬉しいです。

・5巻よりも三つ子メインの方向に戻ってきています。しかし、みっちゃ・・・いや雌豚とひとははともかく、ふたばが急激に背景化してはいないでしょうか?ぜひ次巻ではもっとクローズアップしてほしいところです。やっとメイン回きたと思ったらウンコ連呼してるし。
・みっ・・・雌豚は擬音のレパートリーの広さもさることながら、ネタと関係ないところでちゃんとてるてる坊主やザリガニにも優しさを見せてくれる、良い雌豚です。
・「頭のネジが足りない」という表現はよく耳にしますけれども、「縫合が弱くて頭から綿が出てる」はさすがに初めて聞きました。一番おかしな子の座をほしいままにするだけあります。
・そっくりだった頃の3人の指の数が超気になります。実は合ってたりして。

あと、あまり関係ないですが少し気になった点として、「バールのようなもの」という表現は、それがバールである可能性を含んでいないようで少しおかしい気がします。「バールもしくはそのようなもの」と言った方が正しいのかもしれません。
明らかにバールであるものを指して「バールのようなもの」と呼ぶのは、それはそれで面白いので良いのです。

分かる人だけ分かれ | Comment (1)


2008/12/03 Wed.

ざかなの「4ジゲン」1巻を読みました。わかりづらいな。漫画です。
なんとなく作者名とタイトルが気になった、という理由だけで読んだのですが、これが過去最大級の当たりでした。原案のにざさんの底知れぬ発想力が織りなすギャグが、作画のかなさんの少女漫画の王道的画風に彩られ、ギャグ漫画とも少女漫画とも言い切れない、この2人にしか作れない世界を繰り広げてゆく恐るべき作品です。こんな絵でこんなギャグやられたら笑うしかありません。

・定時制高校を舞台に選んだのは、馴染みやすい学校ネタと多様な人種を無理矢理絡ませられる良い手段だなあと思います。
・多く見られる言葉遊びネタは、飛躍の距離が遠すぎず近すぎない、誰でも思いつきそうで思いつかなかったような絶妙なところを突いてきます。「虫の居所が悪い」とか「IFO」みたいなの大好きです。
・ビジュアル的にツッコミっぽいキャラがことごとくボケなのもこの世界の特徴でしょうか。委員長は全然会話成立しないし、先生は馬鹿と鬼畜ばっかりだし。
・恋をする人三ツ谷里美さんが超かわいいのに超きもちわるいです。ヤンデレは一途すぎて変になっちゃった人ですが、この人最初から変です。あとMacPro持ってる。
・石田恵さんはこのままいくと地球を救う勢いです。顔の油を混ぜたインクよ(即答)。
・作者あとがきがなんというかダメダメで非常に心配なのですが、2巻を楽しみに待たせて頂きます。

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


2008/10/23 Thu.

ーパーの惣菜売り場で、老夫婦のおばあさんが、おじいさんに「ウインナーにしようか」と言いながらパックを手に取っていらっしゃったのですがその中身がどう見ても唐揚げだったので、
「ワン、トゥー、スリー、フォー、唐揚げやん!!!」
と思いました。

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


2008/10/10 Fri.

ゃんとした記事をいくつか書いたので、そろそろちゃんとしてない記事書きます。

みつどもえ5巻読みました。初期に中心となってネタを作っていた主役級キャラが、多彩な脇役の登場に従ってツッコミ役や振り回され役に姿を変えていく現象は多くの漫画に見られますが、みつどもえにおいても、やはりといいますか、みっちゃんサドガールどころかもう完全に雌豚ですし、ひとはも全然怖くなくなってクラスに打ち解け、ふたばはまあ未だにバカだけどそれでも1巻と比べたらかなり無駄な動き減ってます。もはや単に三つ子ギャグ漫画とは呼べないほど周りの子たちが良い動きをしていると思います。
5巻で特に目立ち始めたのは宮下でした。「時々すごくうっとうしい」という評が的確すぎる。

・湯が沸くまでに半分、ボール見つけるまでにもう半分完食ってどんだけ雌豚ですか。左手傷だらけですよ。
・備品倉庫にいた先生=佐藤を追っかけてた先生=山岡先生=痴女?
・こんなの偶然だ!!は溜め息が出るほど痛快でした。ただキャラを動かしているだけでは絶対に生まれないこういうネタをちゃんと入れてくれるのでみつどもえは好きです。
・はいている状態でもふたばが描いた絵であればセーフ、だそうです。みつどもえ大好きです。
・うひょお

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


| TOP | Next >>

Profile

柳本 顕(willow)

柳本 顕(willow)
・作曲家志望 ・22歳福岡市民
muziemF247クレオフーガにて楽曲配信中
・メール/メッセンジャー:k_y_tpoc@yahoo.co.ジェイピー

映像作品や同人ゲーム等への楽曲制作依頼をお受けします。興味を持って頂けましたらお気軽にメール下さい。

Discography

タペストリー
・タペストリー
通信販売muzie shopDL販売

Harmonized
・Harmonized
通信販売DL販売

Category

近況 (111)
音楽 (61)
気づき・思いつき (83)
画像 (34)
分かる人だけ分かれ (31)
クラシックMIDI (20)
楽譜 (11)
リコーダー (10)
質問と回答 (3)

Recent Entries

当 (03/01)
も (02/24)
ツ (01/27)
ゆ (01/22)
は (01/11)

Recent Comments

柳本 (01/29)
しらかば (01/29)
柳本 (01/28)
しらかば (01/28)
柳本 (01/11)

Recent Trackbacks

あらかじめサーチ!:【ワールドミュージック】についての検索結果をリンク集にして… (01/26)
ピアノの厳選紹介:グランドピアノカバー 43D-6 ドリーム( (08/25)

Archives

2010年03月 (1)
2010年02月 (1)
2010年01月 (5)
2009年12月 (7)
2009年11月 (16)
2009年10月 (4)
2009年09月 (3)
2009年08月 (2)
2009年07月 (15)
2009年06月 (2)
2009年05月 (4)
2009年04月 (3)
2009年03月 (8)
2009年02月 (3)
2009年01月 (5)
2008年12月 (14)
2008年11月 (5)
2008年10月 (9)
2008年09月 (7)
2008年08月 (5)
2008年07月 (6)
2008年06月 (8)
2008年05月 (6)
2008年04月 (29)
2008年03月 (13)
2008年02月 (14)
2008年01月 (18)
2007年12月 (14)
2007年11月 (15)
2007年10月 (6)
2007年09月 (7)
2007年08月 (8)
2007年07月 (13)
2007年06月 (9)
2007年05月 (8)
2007年04月 (14)
2007年03月 (4)
2007年02月 (5)
2007年01月 (1)
2006年12月 (3)
2006年11月 (3)
2006年10月 (9)
2006年09月 (6)
2006年08月 (3)
2006年07月 (4)
2006年06月 (6)
2006年05月 (5)
2006年04月 (4)
2006年03月 (4)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search

RSS

最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Links

Airize
atelier asteprism
クレオフーガ
同人音楽の森
DOWNBEAT
Dreamscapes
kumomadori
mF247
muzie
NATUKON Website.
NOSTALGIA WIND
音の絵日記
泳ぐジッポとルードボーイ
プラッチック
soundscapes
4 couleurs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。