Two Pieces of Cake

近況、音楽のこと、気づいたことや思いついたことなど

スポンサーサイト

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告


「業

2009/07/24 Fri.

務のホウレンソウ」は「報告・連絡・相談」のことだけれど、「料理のコウケンテツ」とは一体何のことなんだろう、と思い、Googleで検索し、初めてその意味を知りました。

やっだーこっぱずかしーッ!「テツ」は「鉄分」に違いない、なんて思っていました。

スポンサーサイト

気づき・思いつき | Comment (0)


2009/07/24 Fri.

ランダの窓を開け、タオルを干し、ベランダの窓を閉める、という一連の行動の結果、確認できる限りで体の9箇所を蚊に刺されました。
お前らはボスが弱点を晒したタイミングを狙って弾を連射するシューティングゲームの自機か。

近況 | Comment (0)


2009/07/24 Fri.

ムノペディ第1番 - エリック・サティ(前半のみ)

チェンバロの伴奏を加えてみました。音色の面からみても、楽器の誕生した時代背景の面からみても、リコーダーの伴奏楽器に最もふさわしいものはチェンバロに違いないでしょう。
いずれ自分でリコーダーの曲を作る予定ですが、最初の曲としてはこの二重奏以外の編成は考えられないと思います。

ピアノソロの原曲(MIDI)はこちら

リコーダー | Comment (0)


2009/07/20 Mon.

月夜 - 文部省唱歌

歌詞の起承転結と旋律の起承転結が見事に一致している曲です。
確証はないと言われていますが、作曲者とされる岡野貞一さんは、この曲や「紅葉」の他にも「故郷」「春の小川」など美しいメロディで広く知られる唱歌を多く作曲されていて、なにげにマジぱねえし、やべえです。

低いレから真ん中のミという、テナーリコーダーの最も得意とする音域を使ってみました。
しかし秋→春→春と季節外れの曲ばかり吹いている気がします。夏の曲も吹かねば。

リコーダー | Comment (0)


2009/07/20 Mon.

- 滝廉太郎

例えばギターのフレットノイズ(きゅっていうの)を持ち味だというのならば、リコーダーのタンギングノイズ(ぴょっていうの)も持ち味だといって然るべきなのですけれど、個人的にはあまり好ましくないものだと思っているので、いずれは配慮できるようになっていきたいものです。

リコーダー | Comment (0)


2009/07/13 Mon.

葉 - 文部省唱歌

一人二重奏です。
小学校の音楽の教科書の音楽的センスはすごいです。子供たちの音楽観に大きく影響するだけに、やはり侮ってはならないものがあると思います。
子供たちに影響するだけに、侮ってはならない。
つまり、「チルドレン」だけに「あなどれん」のです。

リコーダー | Comment (2)


2009/07/12 Sun.

ンドンデリーの歌

「ダニー・ボーイ」というタイトルの方が有名でしょうか。
先日テナーリコーダーを購入しました。アルトと同じ運指で完全四度低い音が出ます。アルトリコーダーは高音域が若干聞き疲れするし、低音域は物足りない、という気がかねてよりしていたのです。
テナーは管も長く(B♭管クラリネットに近い)、音孔も大きく塞ぎづらいため機動性では劣りますが、ふくよかな音色がとても気に入ったので、こちらをメインにしてしばらく練習を続けてみます。

リコーダー | Comment (0)


「S

2009/07/11 Sat.

UPERSTAR」ですが、ヴォーカルのみの楽譜を掲載しておきます。
superstar.jpg

そして「SUPERSTAR」ですが、実はもう歌詞があります。
DTM作曲コンテストさんの方では歌詞の募集はかかっていないので、あくまで暫定版としてこちらに掲載しておきます。

音楽 | Comment (0)


2009/07/11 Sat.

しい曲、つまり新曲です。

「SUPERSTAR」→DTM作曲コンテスト
今回は歌もの企画ということで、2年以上前に作ったまま眠らせていたバンドものの曲をアレンジし直してエントリーしました。こんなに楽しい曲も作ってたのですよ。
最近流行っている感じとはたぶん違うと思いますが、テクノポップです。僕自身の持ち味も、僕の使っている音源の持ち味も存分に引き出せるジャンルです。

音楽 | Comment (0)


2009/07/10 Fri.

回の更新「残酷な天使のレーベ」があまりにも高度に完成された美しいネタであるため(何が美しいって、ルザミを南米に入れれば全大陸制覇したことになるのです)しばらく控えていた、久しぶりとなる分かる人だけ分かれカテゴリーの更新です。
ぱにぽに12巻読みました。

150話
・最初は映研か演劇部の企画ネタかと思ったのです。しかし姫子がいつまでも出てこないので、これは夢ネタに違いない、最後にはい実はわたしーとか言うに違いない、と思ったのです。もう1巻越しの天丼など慣れとるわい、と思ったのです。そしたら8巻越しの天丼だったので、僕は氷川へきるさんの手の上で踊らされていただけだったのです。まさかここでこれか。
・ちなみにこの回は多数の登場人物がいる中編ですが、雅ちゃんがいるのに望ちゃんがいないのは何故かというと、姫子は望ちゃんを知らないからです。

153話
・姫子は無人島でキノコを食べた時は天使が見えていたくせに、画面のバグリ方は露骨におぞましくて笑いました。
・ベッキーは2コンのマイクに何と叫べばいいかは知っているくせに、メガドライブの「ああ播磨灘」は知らないと見えます。さすがに天才にも限度があるのでしょう。

156話
・「細いトコロにはさまりましたー」という表現が軽くツボです。このジャージの女性、まろまゆ1巻に出てきた「ゲームじゃねえ ゆめりあだ」の人と同一人物なのですね。

158話
・都が着替えて戻ってくることで発動するドッキリであるのならば、その原因を作った南条、ひいては南条が牛乳を噴く原因を作った黒板の落書きの主を含む全員が仕掛人であることになります。当然ベッキーが音信不通になるのも計画済みなので、ベッキーは迷子でもなんでもなく、一人コントをしていることになります。すべては都を騙すためにです。なんで都か?都とはそういうキャラだからです。
・まさかの「画:あらゐけいいち」に不意をつかれ爆笑しました。まさに自由。まさに大工。
・由香の後ろの黒板に「ゲレゲレ」。そういうのはだっしゅ!でやってください。
・生徒会マスコットキャラクターコンテストは事情により中止になったのに、未だに三角のものをかぶっている生徒がいます。芹沢が気に入ったからというより、氷川へきるさんが気に入ったからだと思いますが、6号さんにかぶせるとそこはかとなく哀愁が漂います。まあ6号さんとはそういうキャラなのですけれど。

159話
・お、終わりおった。

分かる人だけ分かれ | Comment (0)


「太

2009/07/09 Thu.

陽の風のフーガ」の楽譜です。

たいフー1 たいフー2 たいフー3 たいフー4

ピアノなどの鍵盤楽器では演奏できません。足鍵盤があっても音域的に難しいでしょう。
しかし、たかがこんな曲のために管や弦の奏者が3人揃うことは考えられないので、事実上人間に演奏されることは永劫無いのだと思います。

楽譜 | Comment (0)


2009/07/09 Thu.

曲ですピサロ(またダジャレ!しかもまたドラクエ!)。

「太陽の風のフーガ」→muzie
ファミコンの音源を模倣した、すなわち2トラックの矩形波と1トラックの擬似三角波(高域にノイズが載る)を使用して作った三声フーガです。とはいえ対位法の習作などではなく、普通に公開するつもりで作りました。禁則事項にはあまり配慮していません。
バロック的な響きも随所に現れますが、ドリア旋法寄りだったりシンコペーションを多用した点、そして何より音色の持つ懐かしさ、色あせた感触こそが、様々な時代を俯瞰し分析し内包することができる現代曲としての最大の特徴です。

鍵盤を前にして短時間で指任せに作ってしまうのを好む僕にとって、「あの旋律がここに入ってここが五度上行でスケールがあれで・・・」などと唸りながらの対位法の作曲はあたかもパズルを解いているようで新鮮でした。そういう経緯で生まれた曲は当然の如く新鮮な、良くも悪くも僕らしくない曲になったので、前者の性格がとても顕著に現れている「月の海のシャコンヌ」と対照を成すタイトルを付けたわけでございます。

音楽 | Comment (2)


2009/07/07 Tue.

にぽに1巻、10話「じじぽに」の扉絵において、ジジイが「ゴ~マリソ~ン」と歌っていますが、これの元ネタについてどう検索しても確かな情報が無く悶々としていました。
ひょんなことから、これが昔のEDWIN503のCMで、ブラッド・ピットが「ゴ~マルサ~ン」と歌っているのがまるでそのように聞こえた、というネタであることを知りました。
そこで、そのCMを知らない僕は、それが本当であることを確かめてスッキリするべく、早速検索にかけてみて、その動画が見られるサイトを見つけました。

http://www.japander.com/japander/pitt.htm
(ギターを持っているサムネイルがそれです)

完全にゴ~マリソ~ンと言っていて、スッキリを通り越し大爆笑しました。

近況 | Comment (0)


2009/07/02 Thu.

きな古時計

すげー良い曲です。

リコーダー | Comment (3)


2009/07/01 Wed.

弦楽組曲第2番ロ短調 第2曲:ロンドー - J.S.バッハ

ここから先はとても難しくて、いや、練習していなくて吹けません。
最低音に近いシやラ♯は、塞ぐ孔の数が多いので、音量も小さくなるようです。

余談ですが、僕の持っているCDに収録されているこの曲はトレヴァー・ピノック指揮、イングリッシュコンサートの演奏で、どうやらバロックピッチ(A=415Hz)に調律されているらしく、モダンピッチ(A=440Hz)と比べておよそ半音低いため、聴きながら一緒に吹くことができません。地獄のハーモニーが生まれてしまいます。

リコーダー | Comment (3)


| TOP |

Profile

柳本 顕(willow)

柳本 顕(willow)
・作曲家志望 ・22歳福岡市民
muziemF247クレオフーガにて楽曲配信中
・メール/メッセンジャー:k_y_tpoc@yahoo.co.ジェイピー

映像作品や同人ゲーム等への楽曲制作依頼をお受けします。興味を持って頂けましたらお気軽にメール下さい。

Discography

タペストリー
・タペストリー
通信販売muzie shopDL販売

Harmonized
・Harmonized
通信販売DL販売

Category

近況 (111)
音楽 (61)
気づき・思いつき (83)
画像 (34)
分かる人だけ分かれ (31)
クラシックMIDI (20)
楽譜 (11)
リコーダー (10)
質問と回答 (3)

Recent Entries

当 (03/01)
も (02/24)
ツ (01/27)
ゆ (01/22)
は (01/11)

Recent Comments

柳本 (01/29)
しらかば (01/29)
柳本 (01/28)
しらかば (01/28)
柳本 (01/11)

Recent Trackbacks

あらかじめサーチ!:【ワールドミュージック】についての検索結果をリンク集にして… (01/26)
ピアノの厳選紹介:グランドピアノカバー 43D-6 ドリーム( (08/25)

Archives

2010年03月 (1)
2010年02月 (1)
2010年01月 (5)
2009年12月 (7)
2009年11月 (16)
2009年10月 (4)
2009年09月 (3)
2009年08月 (2)
2009年07月 (15)
2009年06月 (2)
2009年05月 (4)
2009年04月 (3)
2009年03月 (8)
2009年02月 (3)
2009年01月 (5)
2008年12月 (14)
2008年11月 (5)
2008年10月 (9)
2008年09月 (7)
2008年08月 (5)
2008年07月 (6)
2008年06月 (8)
2008年05月 (6)
2008年04月 (29)
2008年03月 (13)
2008年02月 (14)
2008年01月 (18)
2007年12月 (14)
2007年11月 (15)
2007年10月 (6)
2007年09月 (7)
2007年08月 (8)
2007年07月 (13)
2007年06月 (9)
2007年05月 (8)
2007年04月 (14)
2007年03月 (4)
2007年02月 (5)
2007年01月 (1)
2006年12月 (3)
2006年11月 (3)
2006年10月 (9)
2006年09月 (6)
2006年08月 (3)
2006年07月 (4)
2006年06月 (6)
2006年05月 (5)
2006年04月 (4)
2006年03月 (4)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search

RSS

最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Links

Airize
atelier asteprism
クレオフーガ
同人音楽の森
DOWNBEAT
Dreamscapes
kumomadori
mF247
muzie
NATUKON Website.
NOSTALGIA WIND
音の絵日記
泳ぐジッポとルードボーイ
プラッチック
soundscapes
4 couleurs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。